■ペット保険・ペット医療保険について

ペット保険(ペット医療保険、動物医療保険)会社は複数あります。
補償内容や保険料は各社それぞれ特徴があります。
大別すると、窓口清算型と後日清算型に分類できます。
窓口清算型は2社。ほかは後日清算型です。

■窓口清算型保険

窓口清算とは、病院の窓口でペット保険証を提示すれば補償金額(保険金)以外の自己負担額さえ支払えばよいシステムです。
ただし、保険会社の指定動物病院でしか窓口清算は出来ません。
指定動物病院ではない場合は後日清算となります。
現在、窓口清算できる指定動物病院は非常に多く不便を感じるケースは稀です。

・通院/入院
補償内容は、通院/入院各診療費の70%または50%が補償されますが、1回当りの上限金額が設定されています。
金額は10,000円、12,000円、14,000円、30,000円。
利用可能な回数は、無制限また22回です。

・手術
手術の場合は手術費用の70%または50%が補償されますが、1回当たりの上限金額が設定されています。
金額は100,000円、140,000円、150,000円。
利用可能な回数は2回です。

・年間上限金額
年間上限金額は、無制限、122.4万円、72.8万円。

保険期間は1年です。
補償内容の違いは、契約する保険会社や保険プランによって決まります。

■後日清算型保険

後日清算とは、手術や診療費用を専用保険金請求書を保険会社に送付(基本郵送)し、数日から10日後位に飼い主さんの口座に入金されるシステムです。

・通院/入院/手術
補償内容は、通院/入院/手術各診療費の50%または70%または80%が補償されます。1回当たりの上限金額は無く無制限です。
利用可能な回数は無制限ですが、年間上限金額は50万円、70万円、100万円です。
補償金額合計が年間上限金額を超えると以降は補償金(保険金)は支払われません。

また、手術に特化した保険もあります。
補償内容は手術とそれに伴う入院費の90%が補償されます。
上限金額は500,000万円。利用可能な回数は2回。
通常の通院や入院は補償されませんが、保険料は割安に設定されています。

保険期間は1年です。
補償内容の違いは、契約する保険会社や保険プランによって決まります。

■窓口清算型保険のメリットとデメリット

・メリット
 ・動物病院の窓口でペット保険証を提示するだけで保険が適用される。
 ・窓口で支払う金額が、自己負担分だけなのでお財布に優しい。
 ・保険金請求書の作成や領収書・診療明細書・診断書などを用意する必要が無く便利。
 ・通院/入院の利用回数が無制限や22回と多く、こまめな治療を要する場合は有利。

・デメリット
 ・50%、70%補償でも上限金額がありそれ以上の補償金(保険金)は支払われない。
 ・手術の場合、利用回数が年2回と制限されている。
 ・手術の場合、上限金額が10万円〜15万円に設定されているので高額な治療費を要するケースでは若干心細い。
 ・悪性腫瘍(がん)治療の場合
   CTやMRI検査を複数回要する、大規模で高度な手術を複数回要する、継続的な抗がん剤治療を要する。
   専門性の高い高度医療動物病院や大学附属病院での治療が必要などのケースが発生する事があります。
   このような場合は、想定以上の治療費が必要となります。

■後日清算型のメリットとデメリット

・メリット
 ・50%、70%、80%補償で1回当りの上限金額が無く無制限なので高額な治療費を要するケースでは心強い。
 ・手術の場合、利用回数が無制限なので手術を複数回要するような疾病(がん等)では有利。

・デメリット
 ・保険金請求書の作成や領収書・診療明細書・診断書などをその都度用意する必要があり面倒。
 ・補償金(保険金)支払いが事後なので、一旦は治療費全額を用意しなければならない。
 ・年間上限金額が設定されているので、上限金額を超えると自己負担となる。

■理想的な保険の組み合わせ

保険料の負担に対応できる事が前提ですが、窓口清算型と後日清算型両方に加入すればより安心です。
通常の通院治療では、上限金額が設定されている窓口清算型保険でも充分対応可能です。
皮膚病などこまめな通院治療が長期間必要とされるような場合もとても有効です。
また、終末期医療の場合も栄養剤点滴・皮下点滴、鎮痛剤点滴などを要する場合もとても有効です。
毎日通院する必要がある事もあるので。

がんなど、精密な検査と高度な手術を要するケースでは後日清算型保険がその力を発揮します。
50%、70%、80%補償であっても1回当りの上限金額が無く無制限などで頼りになります。

窓口清算型と後日清算型両方に加入するれば、最大130万円まで補償されます。

■保険について真剣に考える必要性

ペットフードの高機能化や予防医療の充実などで、ペットたちは健康で穏やかな日々を過ごしています。
寿命も急速に延びました。
これに伴いペットたちの老齢化もこれまた急速に進行しています。
悲しい現実ですが、必ずペットたちは死を迎えます。
高齢化が進むことにより、人間同様がん、心臓病、腎臓疾患などが急増している現実があります。
特にがんは非常に多く、がんを死因とするペットがごく日常となっています。
問題なのは、がん治療には長期の時間と高度な検査や治療・手術が不可欠となる事です。
また、高度動物治療が可能な専門病院や大学附属病院への転院が必要となる事も決して少なくありません。
さらに終末期を迎えたペットへの終末期医療も考えておかなければなりません。

費用面で考えると
 がん治療-高度な検査・治療、抗がん剤治療、手術=高額な治療費
 高度医療動物病院、大学附属病院への転院=高額な治療費
となります。
ではいったいいくら治療費が必要となるのか?
治療をどこまでやるのか、飼い主さん判断によって大きく変わります。
別の言い方をすれば、飼い主さんがどこまで治療費を出せるのか、になります。

私事ですが、我が家のペット(猫)の場合は総額で160万以上となりました。
私の場合、愛猫(アメリカンショートヘアー、雄、悪性腫瘍、享年13歳)は以下の治療経緯となりました。

@かかりつけの地元の動物病院(点眼、投薬、簡易手術もむしろ悪化。悪性腫瘍と判断できず。獣医師がギブアップし転院を奨められる)
A専門科のある動物病院(検査、点眼、投薬、手術2回、他。悪性腫瘍と判断。より高度な検査、治療が必要と判断しT大学附属動物病院に紹介)
BT大学附属動物病院(CT・MRI等の検査、投薬)
C専門科のある動物病院(T大学附属動物病院と連携しながら検査、投薬、手術2回、他。最終的な余命宣告を受ける)
D地元の別の動物病院(終末期医療、緩和治療、東洋医療に基づくツボ指圧)

この間、約9ヶ月の時間を要しました。
交通費など間接費用を除く治療費総額は166万円程。
加入保険会社は、窓口清算型の会社で治療期間中に保険が自動更新されたので手術回数は4回。
補償金(保険金)でカバーできた金額は、手術費56万円。通院治療費で50万円。
もし保険に加入していなかったら、と思うとゾッとします。
また、保険という盾があったのでより高度な治療に臨む事が出来ました。
愛猫が死んだときは、言葉にならない程悲しく泣きました。でも、愛猫の為にやるべき事は全てやったという、ある種の満足感もありました。
私は最後まで諦められなかったので普通のケースよりも高かったもしれません。

がん治療の場合、いたずらに嫌な病院通いをさせたり、いつまでも苦痛を与えたりする事を良しとしない方もおいでかと思います。
そのために早期に終末期医療に切り替えたり、究極安楽死を選択する方もおいでですし、その判断が正しくないと言う事は出来ません。

ただ、継続治療や高度医療を望みながらお金の問題でそれらを諦める事は、多分一生の後悔となるでしょう。
そんな、残念な結果を招かないためにも保険は絶対に必要と考えています。
ペットは真の友であり家族なのですから。






猫本舗  2014.2.5更新