猫の熱中症

毎日毎日、暑くてたまりませんね。ここは、暑い町として全国区になった熊谷市の隣なので本当に強烈な暑さです。
人間にとってもキツイ季節ですが、天然の毛皮を着込んでいる猫さんたちにとっては地獄の日々でしょう。
マスコミでも話題になっている熱中症ですが猫にも注意が必要です。
猫の熱中症については、色々なサイトで語られているので今さらと思いましたが、さすがにこの暑さ。
一応、猫本舗でも熱中症について触れておきたいと思います。


熱中症の基本

一般的には高温多湿の環境下で発症する様々な体の障害を総称として熱中症と呼んでいます。
人間の場合は、初期症状として気分が悪くなったり、めまいがしたりなどがあります。
猫の場合も、気分が悪そうだったり、なんとなく元気が無いなどが初期的な症状のようです。
ただ、熱ければ活動を控え動かなくなるのはしごく当たり前の行動なので、熱中症をその初期段階で発見するのはなかなな困難です。
けれども、病状が進行すれば命にかかわるような重篤な危機にさらされることもあるので、今年の夏は例年以上に注意が必要です。


原因

熱中症は暑熱環境下や運動などで体温が上昇することが原因ですが、それには様々が要因があります。

1.高温多湿の環境
暑いさなか猫を外出させたりするのは危険です。猫は外にある涼しい場所を知っているのですが、この強烈な暑さでは日陰であってもかなりの温度になります。
また、市街地ではアスファルトなど輻射熱で50℃近くまで気温が跳ね上がりますから、猫が外出を要求しても断じて認めてはいけません。
室内でも、直射日光が差し込んだり、換気が悪く風が入らない環境では熱中症になる危険性があります。
また、コンクリートで固められたマンションなどではコンクリートが熱を吸収しその熱を蓄積させてしまうので、午後2時以降マンション全体が高温になる傾向があります。
カーテンを閉め直射日光が差し込まないようにし、窓を開け風通しを良くしましょう。また、猫が涼しい場所に避難移動できるよう配慮してあげてください。
エアコンの使用については、賛否ありますが38度、39度という気温は尋常ではありませんので、このような日にはエアコンを効かせてあげたほうが良いと思います。

2.激しい運動
猫の場合は、暑いさなかはほとんど寝ていますから、さほど重要視されませんが、やはりそっとしておいた方がよいでしょう。

3.高齢・持病
高齢の猫は、体力も落ちていますから要注意です。特に10歳以上の猫は昨日まで元気だったのに突然体調が激変するケースがあります。
心臓疾患や呼吸器系疾患・腎臓疾患を持っている猫には最大限の注意を払ってあげて下さい。

4.猫種
猫は南方系の動物なので、比較的熱さには強いとされていますが油断は大敵です。
ノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンなど北国発症の猫は被毛の構造や量からしてとても熱さに強いとは言えません。
また、アメリカンショートヘアなども冬場の食料不足を克服するために体内に脂肪を蓄える体質を 持っていますから体内に蓄積された熱が外に放出されにくい猫種のひとつです。


症状

症状が軽い場合は、元気が無いとか、呼吸が少し速くなっているぐらいのものです。
症状が重くなると、
    ・激しく苦しそうな開口呼吸
    ・目や口の粘膜の充血
    ・体温が異常に熱く感じる。(体温が40℃以上)
などが表れます。
更に症状が重くなると
    ・意識障害が起こりフラフラしている
    ・嘔吐や痙攣がみられる
    ・血圧が低下し、ショック状態に陥る(これは極めて危険)


対応策

これらは、あくまでも応急処置です。
基本は、早く異変に気づいてやり、かかりつけの動物病院へ連絡を取り、適切な指示を受けることです。
熱中症の病状の進行は、思いのほか早いので飼い主さんがノンビリしていた為に手遅れになったケースが数多く報告されています。

・軽症の場合は涼しい日陰で水を飲ませながら、休ませてあげれば良いでしょう。
・重症の場合(ぐったりして動かない、歩いてもふらついているような時)は、早く体温を下げる必要があります。
  冷たく濡らしたタオルを体にあて、送風状態にしたドライヤーなどで風を送ってやる。
  氷嚢やアイスパックを内股や首筋、わきの下に挟んでやる。
  この際、急激な血管収縮を防ぐため軽くマッサージをしてやる。
・脱水症状を引き起こしている可能性が高いので水を飲ませる。
  ただし、ぐったりした猫に水を飲ませるのは現実的には困難なのでこのことに固執しすぎないことが肝要です。
  水を飲ませることは重要ですが、症状が重篤の場合はとにかく早く動物病院へ直行すべきです。
  呼吸停止や心停止が起こった場合は、素人では何もできません。
  また、意識の混濁などが見られるケースでは呼吸停止や心停止はすぐそこまでやってきています。


どうやら今年は9月下旬まで猛暑が続くようです。
大切な愛猫に大事が起こらないよう細心の注意を怠らないよう努力したいものです。

        

HOME